毎日の食事に気を配る|激痛を伴う痛風から逃げよう

ペア

多くの方の悩みです

女性

冷え性対策としてとても人気となっているのがサプリメントです。サプリメントは持ち運びが簡単ですし、いつでもどこでも飲む事が出来るのが大きな魅力と言えるでしょう。口コミや商品レビューなどを参考にして購入するようにしましょう。

食生活における工夫で予防

食事

痛風とは、結晶化した尿酸によって神経が刺激を受け、痛みが生じるという病気です。痛みは、初期のうちは多少チクチクするという程度ですが、悪化すると身動きがとれないほどの激痛となります。痛みだけでなく炎症も伴うので、赤く腫れあがることもあります。痛風の原因は結晶化した尿酸ですが、この尿酸は、体内に存在しているプリン体や、食事によって入ってきたプリン体によって作られます。したがってプリン体が多ければ多いほど、尿酸が作られ、結晶化しやすくなるということです。生きている以上体内のプリン体を完全になくすことはできませんが、食事によって入ってくるプリン体を減らすことは可能です。そのため多くの人が、食生活における工夫で、痛風を予防しています。

プリン体は細胞分裂の材料となっているものなので、細胞分裂を多くおこなうものには多くのプリン体が含まれています。細胞分裂は成長するためにおこなわれているので、これから大きく成長していく状態のものに、プリン体は特に多く含まれていると言えます。たとえば、小エビや小魚や麦芽などです。そのためこれらから作られている食品を、日々の食事に多く取り入れていると、痛風の発症リスクは高くなっていきます。逆に言えば、日々の食事においてこれらを控えめにしていると、発症リスクは低くなっていくわけです。また昨今では、プリン体を除去した食品も開発されています。たとえばビールは麦芽を原料のひとつとして作られていますが、そこからプリン体を除去したものも、販売されるようになっているのです。こういった食品を利用することで、痛風は予防しやすくなります。

精神安定を司るホルモン

サプリメント

セロトニンは人間の精神の安定を司るホルモンです。不足することで、様々な心身の障害を生みます。現代特有のライフスタイルが、セロトニン不足には影響しています。規則正しい生活、適度な運動、日光浴を行うことで、セロトニンの分泌を促すことが大切です。

目の疲れとその解消

メガネ

パソコンの長時間利用やスマートフォンの利用拡大などにより、眼精疲労に陥る人が多くなっている。眼精疲労では目の疲れやその他身体へ様々な影響を与える。これらの改善のためには目に良い栄養素の摂取が重要であり、サプリによる補給が効果的である。